本文へジャンプ

史跡情報

久比岐(くびき)地方最古の古墳「丸山古墳」

丸山遺跡

鵜ノ池の中に浮かぶ小島で、島全体で約150ヘクタールあります。土器は縄文時代(16,500年~10,000年前)、弥生時代(10,000年~1,600年前)の頃のものが出土しています。

丸山古墳

鵜ノ池に囲まれた半島状の台地の中央に営まれた極めて顕著な墳丘。一辺が20メートルの正方形で、四辺が正しく東西南北を向いています。古墳時代(3世紀中頃~6世紀末期)の4世紀後半から5世紀前半に築かれた、久比岐地方では最も古い古墳です。