本文へジャンプ

大潟水と森公園って
こんなところ

自然と史跡で創られた水と森の園

新潟県上越市大潟区に位置する都市公園「大潟水と森公園」。

日本海沿岸の砂丘後背地に発達した“潟”を舞台にし、“潟”の貴重な自然を残し伝えつつ、自然を学ぶ場として、旧大潟町(現上越市)によって昭和61年に設立された丸山公園を母体として、平成12年に歴史ゾーンを皮切りに「大潟水と森公園」として開園しました。

水と森に囲まれ、雄大で美しい自然を有し、春にはサクラ、夏にはアジサイ、秋には紅葉や美しく色づいた果実が訪れる皆さまを迎えてくれます。また、公園には“鵜の池”と“朝日池”の2つの大きな池が隣接し、朝日池にはハクガンをはじめとしたマガン、オオヒシクイなどのガンの類、コガモ、ミコアイサなどのカモ類など多くの水鳥が飛来します。

この他、歴史を感じさせてくれる丸山古墳や“いくじ”とよばれる地層をみることもできます。
さらに、かまどを完備した炊事棟、横になってゆったりとすごせる休憩施設、涼しさを演出するふんすいなど、さまざまな施設も備えています。

ご家族やご友人などと楽しくにぎやかに過ごすもよし、ゆっくりと自然や歴史を感じながら散策するもよしの公園です。

美味しく公園をエンジョイしよう!<炊事棟のご案内>

炊事棟は大小10基のかまどを備えています。

施設の利用時間は午前9時30分から午後4時までです。

 

炊事棟は以下の料金でご利用いただけます。

1基 500円
※ご利用の際、必要な方には薪を無料でご用意いたします。

テーブルのみ利用される場合も500円をいただいております。

炊事棟の近くにはバーベキューができる場所を5箇所設置しています。

バーベキューコンロは各自でご用意いただき、お持ちください。

1台 100円

ご利用は予約制となっています。当日でも空きがあればご利用可能です。

詳しくは公園事務所までお問い合わせください。

 

炊事棟は屋根付きの施設ですので、雨天でもご利用いただけます。

また、屋根からは庇(ひさし)を出すことができ、強い日差しや雨の吹き込みを防ぐことができます。

 

炊事棟の楽しみ方!

多彩なアクティビティが可能に!<休憩施設のご案内>

 

自然体験楽校ゾーン内の休憩施設は講習会、集会、写真などの展示会、遠足の休憩所などとしてもご利用いただけます。

ご利用の際は公園事務所までお問い合わせください。

 

 

 

もっと知りたい人のために!<公園通信>

 公園で開催される様々なイベントや自然の情報満載の公園通信を発行しています!地域の施設などにも配置しております。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 ※以下からバックナンバー(PDF)をご覧いただけます。

   vol.49 2017.11  NEW!!

   vol.48 2017.10

   vol.47 2017.9

   vol.46 2017.8

   vol.45 2017.7

   vol.44 2017.6

   vol.43 2017.5

 vol.42 2017.4

 vol.41 2017.3

   vol.40 2017.2

   vol.39 2017.1

   vol.38 2016.12

   vol.37 2016.11

   vol.36 2016.10

   vol.35 2016.9

   vol.34 2016.8

   vol.33 2016.7

 vol.32 2016.6

   vol.31 2016.5

   vol.30 2016.4 

 vol.29 2016.3

   vol.28 2016.2

 vol.27 2016.1

 vol.26 2015.12

   vol.25 2015.11

   vol.24 2015.10

   vol.23 2015.9

   vol.22 2015.8

   vol.21 2015.7

   vol.20 2015.6

   vol.19 2015.5

   vol.18 2015.4 ※番号重複

   vol.18 2015.3

   vol.17 2015.2

   vol.16 2015.1

   vol.15 2014.12

   vol.14 2014.11

   vol.13 2014.10

   vol.12 2014.9

   vol.11 2014.8

   vol.10 2014.7

   vol.9 2014.6

   vol.8 2014.5

   vol.7 2014.3-4

   vol.6 2014.2

   vol.5 2014.1

   vol.4 2013.12

   vol.3 2013.10

   vol.2 2013.9

   vol.1 2013.8 (創刊号)